kokodayo.net Wiki

セキュリティ/スパイ対策

 スパイウェア対策用 ソフトウェア

インターネットやメールをしていて、動きが最近どうも遅くなったなと思ったらこの辺りをチェック。

ウイルス対策ソフトを新規インストールする時にはこれらのソフトが障害となることがあるので削除しておいて、改めてインストールする。

Windows10になってからなぜかスパイ流行りで必須に

定番

Spybot-S&D(英語)ext_link

ミラーサイトを選んでダウンロード
安定しておりおすすめ

Ad-Awareext_link

老舗クラス

SpywareBlaster(英語)ext_link

SpywareBlaster
Download Nowをクリックしてダウンロード

Emsisoft Anti-Malware(英語)ext_link

スパイ駆除の決定版とでもいうべきではないかくらいの検出
30日試用以降は有料

 スパイウェア対策用 オンラインスキャン

X-Cleaner オンラインスキャナext_link

一度ファイルをダウンロードして後はオンラインでスキャン
2017/04/02で開発終了か

Spy Auditext_link

オンラインスキャンのみ 駆除はしない
解析後 Spy Sweeperの紹介画面がでる

関連

Windows Defenderext_link

XP SP2以降 Vistaで標準搭載

PC-Clean( netpia )について

TrendMicro ウイルスバスターのPC-cillinではない。
Vectorに登録されてはいるが排他的スパイウェアの範中にあると言われている。
アンインストールがとてもやっかい。

バックドア対策   重要

RootkitRevealerext_link

いわゆるバックドア(裏口)が使われている気配がないかを解析。
気づかないうちに乗っ取られていないか定期的に
この類でチェックしたほうがよい。

Win8非対応

BlackLight(英語)ext_link F-Secure
Online Virus Scannerext_link F-Secure

クラッキングを手助けする“Rootkit”ツールを検出するext_link @IT

 物理的な持ち出しの対策

 1.持ち出し防止用のワイヤーと錠前のセットを使う
 2.いますぐできる簡単なこととしては、デスクトップ機の開口面のカバーの隙間の一部やノート機のHDDのカバー部分に、身近にあるテープを貼り、マーカーでテープと筐体の境を塗る。プラスチックに接着しない木工用ボンドでもよい。HDDを抜かれてデータをコピーされないための一種の封印になる。必要なときには簡単にはがせるし、はがしたかどうかも分かりやすいし手軽。もちろん他の通信手段による対策として、個人情報等の重要な書類には暗号化してパスワードをかけておく。
 セキュリティ会社の警備員や、それに伴って進入されて抜き出されないようにするなどといった一次レベルの対策として有効。善悪にかかわらず、指示・実行した者が誰であれ、人は金で簡単に動く場合が往々にしてあることを忘れてはいけません。

higaitaisaku.comは終了した模様

セキュリティ